ストレスマネジメントで不妊症克服

ストレスマネジメントと不妊症

気分転換は逆効果!?とにかく休息を

ストレスマネジメントというのは、いかにエネルギーを節約しながら、自分の目的のために最大限にエネルギーを使うかということを考慮したものです。

 

もう少し簡単に言うと、エネルギーの有効活用法と言えます。エネルギーが減っている場合には、エネルギーを補給してあげなければなりません。それには、休息をとることが何より大切になります。

 

ストレス状態が続いていて、エネルギーが減っている人は、活動をいったん止めて、休むこと、眠ることが必要になります。

 

また、エネルギーがどこかに偏って使われている人は、どうしてもバランスが悪くなってきます。そのため、エネルギーのバランスをとることが必要なんです。

 

そして、エネルギーのバランスが悪くなっている人の中で、全体のエネルギーレベルが下がっている人は、気分転換をしてはいけません。それは、気分転換をするようなエネルギーが残っていないので、かえって、エネルギーの消耗を早めることになり、逆効果になるからです。

 

エネルギーが減っている人が最優先にしなければならないのは、しっかりと休んでエネルギーを補給することです。ストレスマネジメントは、不妊治療初期の女性に効果があると言われています。