不妊漢方 効果

不妊漢方の効果と注意点

不妊,漢方,効果

不妊に悩んでいる人の中には、できるだけ病院での不妊治療に頼らずに、自然妊娠をしたいと考える人もいることでしょう。そんなときに役立つのが漢方です。しかし、本当に効果があるのか気になりますよね。

 

そもそも漢方とは、個人の体質に合わせて体を調整することで改善していくというものです。

 

人の体質はそれぞれ異なり、先天的な体質もあれば後天的な体質もあります。先天的な体質を改善することができなくても、後天的な体質改善なら、漢方でできると考えられています。

 

つまり、もし先天的な体質が原因で不妊である場合は漢方の効果は期待できませんが、後天的な体質が原因なら十分改善できるのです。

 

考えらえる原因は、体に血が少ない血虚、血の巡りが悪い?血、消化器系の働きが鈍っているために栄養を取りこめない気虚等があります。

 

これらの症状を漢方での改善が期待できますが、果たして不妊の原因がホルモンバランスが乱れているのか、体が冷えているのか、月経前症候群なのかといったことをきちんと特定し、適切な漢方を使用するべきです。

 

そのためには、医師から漢方薬を処方してもらうべきでしょう。

 

血虚の場合は当帰芍薬散、婦宝当帰膠、参茸補血丸といった漢方がおすすめです。気虚の場合は補中益気湯、十全大補湯、麦味参顆粒、?血の場合は当帰芍薬散、桂枝茯苓丸といった漢方がおすすめです。

 

最近では市販薬として漢方が販売されています。そういった商品でも、不妊に対して効果が期待できます。