不妊治療 仕事

不妊治療と仕事を両立させる

不妊治療,仕事,両立

最近は夫婦共働きの人が多いので、不妊治療と仕事を両立させることに不安を抱いている人もいるかもしれません。

 

不妊治療の内容はタイミング療法や体外受精といった物がありますが、なかなか来院の都合がつかずに困ることがあります。シフト制のパート勤務をしている人ならまだ時間の調整ができるかもしれませんが、フルタイムで仕事をしている女性の場合、簡単に仕事を休むこともできません。

 

仮に休むことができても、理解ある上司でなかったり、男性上司だと不妊治療のために休むとは言いにくいものです。また、自分が休むことで周りの人に迷惑をかけるのも、ストレスが溜まる原因になります。

 

いっそのこと仕事を辞めた方がいいのか、と思ってしまうかもしれませんが、毎月の不妊治療の費用を考えると、退職も躊躇われるものです。

 

不妊治療と仕事を両立させるポイント

 

上司にはきちんと伝える

不妊治療と仕事を両立させるためには、まずは直属の上司にきちんと伝えることが大事です。男性上司には言いにくいでしょうが、休みが増えてしまうことは伝えないといけません。

 

来院時間の融通がつく病院を探す

また、不妊治療の医師は来院日を指定することが多いですが、平日や○曜日は来れない、といったことを事前に伝えておくと調整をしてくれるはずです。

 

しかし、中にはこちらの希望を汲んでくれない医師もいます。その場合は、夜間や土日祝日も営業している病院に変え、仕事と両立させやすくしましょう。

 

パートや派遣に転職する

また、パートや派遣社員として働ける会社に転職するというのもアリです。職場にもよりますが、パートや派遣社員は時給で働いているので、用事があるなら気軽に早退できる場合があります。また、不妊治療休暇制度がある会社に転職するのも手です。